Voice


5冊だけの本屋/女性のための選書サービス


Q:どうして5冊だけの本屋さんを始めようと思ったのですか?

A:5冊だけの本屋をはじめる前にブログに読書記録を載せていたら、悩みを抱えたブロガーさんに「私のために本を紹介して欲しい」と言われ、本を紹介したところ喜んでもらえたことがきっかけです。


Q:ステキな本との出会い方教えてください。

A:自分に合った本屋を自宅や会社や学校の近所など、通いやすいところに見つけて足繁く通うこと。


Q:依頼された方にどうやって本を選んでるんですか?

A:お客様ご自身のことやお客様の本質や価値観を出来るだけ理解し、ワクワクしてもらえたり、救いになったり、励ましになったり、何か考えるきっかけになったり、純粋に物語を楽しんでもらえたり、そういうことを想像しながらその方に会う本を、私が実際にそのお客様の立場に立って読んだうえで選びます。


Q:選書していただくにあったってその本を持っているかいないかも聞くのですか?

A:聞かないです。選書した本は買ってもいいし、電子書籍でもいいし、図書館で借りてもいいし、自分らしいスタイルで読んで頂くために本を実際に送ることはしておりません。また、読むときのお客様の状態によって本の受け方は変わるので、読んだ本を改めて読んで頂くきっかけや、新たな出会いなども楽しんでいただくためです。


Q:どんなことをヒントに選書されているんですか?

A:お客様のSNSを拝見して、お客様ご自身のことや価値観などを理解し、それを踏まえて今現在のお客様がどんな気持ちでいらっしゃるか、どんな状態でいらっしゃるかなどを質問させていただきます。それらを参考に今のお客様にぴったりな本、必要な本を選書しています。


Q:本を読むようになったきっかけは何ですか?

A:祖母も父も読書家で、家にはたくさんの本がありましたので、読書は食べることのように自然なことだと思っていました。


Q:選書していただき新しい人生の選択肢が生まれました、好きな作家さんにも出会え、本当に感謝です。

A:嬉しいです。こちらこそ選書させていただきありがとうございました。好きな作家さんに出会えると読書も楽しいですし、世界も広がりますよね。


Q:みほさんの紡ぐ文章が大好きです。

A:ありがとうございます。


Q:5冊の中に、自分の置かれている現状を話して、それにあう本を含んでもらえたりとかはしますか?

A:もちろんです。それが「私だけの5冊」のモットーです。お話し難いこともあると思いますが、そういうことも含めてお客様にとって今必要な本を紹介しています。


Q:「私だけの5冊」でご紹介していただき早速手に入れたけどまだ読めていません。

A:お手に取っていただき嬉しいです。そういう時もありますよね。ゆっくりじっくり読むべきタイミングが来るまで楽しみにしていましょう。読書はタイミングが大事です。


Q:いつも私の選書の幅を広げてくださってありがとうございます。

A:嬉しいお言葉ありがとうございます。「私だけの5冊」も「私を変える本」も創業当時から何度もご利用くださりありがとうございます。


Q:今回初めて選書を申し込みました。どんな本が選ばれるのか、今からワクワクしています。

A:この度は、お申込みありがとうございました。わかりにくいサービスですし、ネットを介していて不安もあったと思いますが、お申込み頂きありがとうございました。愛と誠意を持って、丁寧に選書させていただきます。お楽しみにしてください。


Q:選書していただいて、メールを見てワクワクしかありませんでした。今一冊目を読み途中です。

A:嬉しいです。この度はありがとうございました。ワクワクしていただけて光栄です。選書メールこそが5冊だけの本屋のもっとも大切にしているものです。メールですが、かなり時間をかけてお客様お一人お一人に書いているので、それを感じて頂けて本当に嬉しいです。


Q:みほさんが選書してくださった本はすべて私の宝本です。

A:ありがとうございます。何度もご利用いただき、いつも本選びのお手伝いをさせてもらって光栄です。これからもどうぞよろしくお願いします。


Q:みほさんが仕事をする上で大切にしていることは何ですか?

A:正直に、自分らしく、愛と感謝を持って働くことです。あと、お客様の立場に立って考えることです。


Q:みほさんのおかげで読書が生活の中で当たり前になりました。

A:ありがとうございます。そう言っていただけてうれしいです。


Q:一年目に選んでいただいた5冊はあの時の私を映す宝物です。

A:ありがとうございます。「私だけの5冊」はその時のお客様にぴったりの5冊を選んでおりますので、その時の5冊をきっかけにご自身の成長を感じたり、人生のテーマを見つけたりといったことも楽しんでもらえます。


Q:いつも選書をお願いしたいと思っています。お願いできるSNSの投稿数の最低ラインなどはありますか?

A:投稿数もある程度は大事なのですが、お客様ご自身を表現されている投稿がある程度あればお受けしております。投稿数が多くても、リツイートだけだったり、趣味などのある特定の写真だけだったり、ビジネス関連のみだったり、お客様のお人柄が感じられにくい場合はお断りしております。あと、今のお客様にぴったりの選書を行っておりますので、直近一年間の投稿がない方もお断りしております。


Q:最近、みほさんのことを知りました。直接お話しして選んでいただけるような機会があれば嬉しいです。

A:申し訳ございません。いつかはそういったこともやるかもしれませんが、現在は考えておりません。


Q:「テーマ別の5冊」企画をやってほしいです。おちこんだときにおすすめの5冊とか、変わりたいときの5冊とか。

A:Instagramにて#ある日の5冊 という、テーマやつながりなどで選んだ5冊を紹介しております。


Q:季節や月ごとのオススメの本を紹介して欲しいです。

A:こちらもInstagramにて#ある日の5冊 という、テーマやつながりなどで選んだ5冊を紹介しております。


Q:どれくらいのペースで読書をされていますか?一日に数冊とかですか?

A:平均すると一日か二日で一冊ペースです。まとめて一日で五冊くらい読む日もありますし、全く読まない日もあります。


Q:本を読む時間を捻出できずに困っています。どうやって毎日の読書の時間を捻出していますか?

A:私は本を集中して読みたいので、休日とか仕事の後にカフェとかにこもって読んでいます。


Q:読む本はどのようにして選ばれていますか?

A:直感です。


Q:みほさんは一冊どれくらいで読み終えることができますか?

A:本にもよりますが、例えば文庫だと平均三時間くらいでしょうか。


Q:本はどうやって保管していますか?

A:本棚に保管しています。


Q:本を読むときに感想などメモは取りますか?

A:取りません。印象に残った言葉や文章はノートに書き留めて毎日眺めます。


Q:保管する本と手放す本の基準が知りたいです。

A:保管するかどうかは、読み終えた後にその本をまた読みたいかどうかです。おもしろかったけど、次は読まないなっていう本は手放します。


Q:本の選び方を教えてください。

A:気になった本を手に取り、装丁を眺め、最初の5行を読んで気になったらあとがきを読みます。そして読みたくてうずうずワクワクしたら買います。


Q:選書する時にどんなことを大切にしています?

A:その時のお客様にとってぴったりな本をベストなタイミングで読んでもらえることを最も大切にしております。あと、お客様の人生に寄り添いこれから何度でも読み返したくなるような、支えになるような本との出会いを体感していただけることです。


Q:選んでいただいた本はどれも特別です。ありがとうございます。

A:ありがとうございます。そう言っていただけて光栄です。ぜひ、楽しんでください。