ある日。

だるくて朝なかなか起きれないでいると、インターホンが鳴り響く。夫は「あ!」とか言って玄関に行く。どうやら夫のもののようだ。そう思っていたら、夫がじゃじゃーんとなんとシャインマスカット2つも箱に収められた立派なものを目の前に見せてきた。驚いた!サプライズである。夫は秘密にしていたらしい。うれしい。うれしくて、飛び起きた。ありがとう。


それから気を取り直して買い物に出る。これからはもう、絶対に自分の着たい服じゃなくて似合う服を着るぞと固く決意して、試着しまくる。それで、気に入った白いシャツと黒いパンツを買う。うれしいなぁ。そのあと、夫と合流してかつ丼食べようととんかつ屋に行ったらかつ丼がなく、しぶしぶかつ煮鍋を食べた。不完全燃焼。トップスのケーキを買って帰る。夫はやけなのか和菓子屋でおはぎを買うべくして並んでいた。あまりにも遅いので様子を見に行ったら、その行列の皆さんがなんだか微妙な雰囲気で、何があったか知らない私はどうしたの?と思いながらも、離れて待っていた。やっとおはぎを買った夫が来たので、買えた?って聞いたらきな粉のおはぎを2個買ったというので珍しいと言ったら、なんと、夫の二人くらい前のお客さんの時に、若い男性の店員があんこのおはぎをトレーごとすべてひっくり返してしまう大惨事が起き、しかも一緒にいたおばさんの店員がものすごくきつい感じの人で気まずい雰囲気になってしまったらしい。よって、夫はここでも不完全燃焼だった。それで、結局きなこのおはぎを二個も食べられるはずもなく、次の日に固くなっているだろうそれを食べたら柔らかくもちもちしていたため、これはよからんものを混ぜてるなぁと言っていたので、きっともうそこでは買わないだろう。面白かった。

5冊だけの本屋

女性のための選書サービス