ある日

休日の朝。きのこのオイル煮、いんげんのソテーパルメザンチーズがけ、カプレーゼ風ペンネ、シュークリーム、コーヒー。朝だけどがっつりイタリアンを食べたかった。緑、白、赤、茶。。。きれいだ。大きなフライパンにオリーブオイルとにんにくを火にかけて、ある1か所にはきのこを、ある1か所にはいんげんを、そしてある1か所にはトマトを置いて、ふたをしてそのまま放置しているだけでこの3品が一気に完成する。特にペンネにトマトのソテーとモッツアレラチーズとバジルをのせて、ザクザク混ぜて食べたらおいしかった。寝起きなのに、夫が全部おいしいと言ってすごい勢いで食べていた。食後のシュークリームは夫が前日に買ってきてくれていたものを食べた。

夜、今朝の残りに鯛のカルパッチョ、ローストビーフ。ローストビーフは、行きつけのスーパーで買ってきたものだがおいしかった。私はローストビーフを食べたくて、小さいものを買ってきたのに、夫が急に俺も食べたいというので夫にもあげたら美味しいと言って食べていた。夫はスーパーで買う時にも、俺はひかれないって言ってたのに、急にこのローストビーフは美味しいと言ってパクパク食べ始めたので面白かった。

作って、食べて、作って、食べての1日だった。

5冊だけの本屋

女性のための選書サービス