ある日。

夫が健康診断のため、私も一緒に家を出る。駅に向かう途中、私のマスクに何かついている気がして何度も取ってみるのだけれども、何もついていないので、気になって夫に見てもらう。そうしたら、夫が「きみ、マスクを使いすぎてこれ毛羽立っているんじゃない?」と、言う。マスクがなかなか買えないので、私はずっと同じマスクを使っているのだが、どうやらそのせいでマスクがボロボロになってしまっていたようだ。夫は会社からマスクが支給されているのできれいだが、私のは支給されない。当たり前だ。私はもっと清潔なのを使った方がいいと言われる。それにしても、夫が大爆笑している。

夫が健康診断を終わるまで、マリアージュフレールで紅茶、紀伊国屋書店で本を3冊買う。それから夫と合流して、天一で天丼を食べた後、京はやし屋であんみつを食べる。夫は昨日の夜から何も食べていなかったのでやけ食い。夫は毎回、高血圧で何回か測りなおすも(そもそもそれはいいのか?)、結局引っかかってしまう。それが、今回は一発OKで血圧が下がっていたようで、すごく自慢してくる。診断前に、もずくと納豆を食べまくったおかげだと言う。

帰り道、夫が私に何かお菓子を買ってくれるというので、サニーヒルズのパイナップルケーキがいいと言ったら、それだけだとあっけないからアップルケーキも買ってあげるよと言うので、私はそれは好きじゃないからパイナップルケーキだけでいいと言うと、とても残念そうにそれを買ってくれた。ものすごくうれしかったので、ありがとうと伝えると、夫はなんだか申し訳なさそうにしている。もっと買ってあげたかったと言っている。夫は割とこういうところがあるので可愛いと思う。

(このブログはリアルタイムではありません。)

5冊だけの本屋

女性のための選書サービス