ある日。

不調な私に代わって、夫が図書館に行ってくれた。そして、スーパーで焼き肉用の肉をたくさん買ってきてくれた。元気のない私を気遣って、夜は焼肉らしい。しかもすべて牛肉。嬉しい。

愛犬の散歩に行ったら、きれいなお姉さんが前を歩いていた。それを見つけた愛犬はどうしてもご挨拶したくて、急ぎ足でお姉さんに近づきお得意の甘え泣きをした。キュンキュン。そうしたら、お姉さんが戻ってきてくれて、きれいな黒髪ロングヘアーをなびかせながら膝をついて、愛犬と遊んでくれた。ビビりな愛犬もこのお姉さんにはなついて、もう離れない。そのためお姉さんは急ぎ足できっとどこかに向かっていたはずなのに、あきらめたようにたくさん遊んでくれてお喋りした。いよいよ、お別れをして、引き続き歩いていると。。。ものすごく遠くから、マスクをした女性が振り向きながら「メールちゃん!!」と声をかけて走ってきてくれる。愛犬が赤ちゃんだったころにものすごくかわいがってくれた方だが、しばらくお会いしないまま月日が流れていたのに、まさか名前まで憶えていて下さるなんて光栄だ。愛犬もしり込みしながらママさんに近づき甘えている。それからもたくさんの方にかわいがってもらい、なんだかうちの愛犬はちょっとした有名なアイドル犬のようになっていた。その社交性を見習いたい。飼い主である。

(このブログはリアルタイムではありません。)

5冊だけの本屋

女性のための選書サービス