ある日。

朝、パンをグリルで焼く。最近はごはん派なので、休日だけパンを楽しみにしている。休日の為に前の日にイギリスパンとレーズンとクルミのパンを買っておいた。「クルミ」の文字のところに10%オフのシールが貼ってあって、レーズンパンダと思って買って帰ったらクルミと書いてあってショックだった。美味しそうなのに、夫はナッツアレルギーのため食べれない。気を取り直して夫はイギリスパンを、私はレーズンとクルミのパンを食べることにしてグリルで焼いたら、びっくりするほど美味しかった。

夫はトーストが大好きで、トースターにわりと強いこだわりがあると私が思い込んでいたけれども、そんな夫にもなかなか好評。トースターが最近調子悪いためグリルで焼いてみようと思い立ってやってみたのがよかった。前の日に私が残していたミルクフランスパンも夫が食べるというので食べたら、ぱさぱさしているとのこと。いっそのことそれもグリルで焼いたらどうかと思いやってみると、びっくりするほど美味しいと夫が嬉しそうに食べたいた。おいしいミルクティーとパン、ヨーグルトにはちみつをいれたやつ。最高に気持ちいい。愛犬にもヨーグルトをひと口あげる。


愛犬と散歩に行き、掃除機をかけたり、床を雑巾がけしたり、本棚の本を出して隅々まで掃除して断捨離したりしたら気分がすっきりした。それから、お昼ごはんをつくる。はりはり鍋にしようと思い、夫の好きなメーカーの油揚げと水菜とシイタケを買ってきておいたのだ。作っていたら前の日のきしめんが少し余っているなと思い、それもいれちゃうことにした。うどんを入れたら、卵もおとしたくなって、卵も落とす。結果、鍋焼きうどん風になってしまったが美味しかった。


テレビ見たり、夫も私も仕事をしたりして、夜になる。夜ご飯に余っていた焼きそばの麺とほうれん草と玉ねぎで焼きそば一人前を。足りないかなと思ったので中華まんを蒸かす。ふかふかでおいしい。

朝から晩までどれも本当に美味しくて満たされた一日だった。疲れたので早めに寝る。


益田ミリさんの『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』読了。大人気エッセイ『今日の人生』の第二弾。よかった。「新型コロナウイルス 緊急事態宣言 東京」からはじまる最初のページを見ただけで泣きそうだった。あと、連載漫画を仕上げて、思い立って函館に行った日のところ。函館までの新幹線の中で本を読んでるところがよかった。本当に心温まる本だった。

5冊だけの本屋

女性のための選書サービス