ある日。

夜、目玉焼きとウインナーのっけ丼。夫はかためのごはんが好きなので、かために炊いたご飯の上によく焼いてほんのり半熟の玉子、そして、やや焦げ目ウインナー、最後に醤油をやや多めにかける。私は柔らかごはんが好きなので、柔らかごはんに半熟とろとろ目玉焼きに焦げてないウインナー、最後に醤油をちょびっとかける。夫は、「これうますぎて10杯は食べれる。すべてのバランスがいいよ」と大興奮である。そして、気分がよくなったのか、コンビニでアイスを買ってあげるという。だから、アイスを買ってもらった。ついでにここ数日毎日毎日サンドイッチを食べたいと言っていたので、サンドイッチも買ってくれた。あぁ、優しい。ありがとう。

真夜中、ベッドで「すべて真夜中の恋人たち」を読む。この環境でこの本を読むの最高だな。と思い、後半、怒涛の面白さのところをmiwaのヒカリへを聴きながら読んだ。この本にインスピレーションを得て、この曲を作ったというので二つを同時に楽しんでみたけれども、これが最高であった。

5冊だけの本屋

女性のための選書サービス