ある日。

夜中に緊急地震アラートがものすごい勢いで鳴り響き、マンションのアラートも大げさに鳴っていたため眠りが浅い。ゆっくり寝ようと思ったら、昼頃にとんでもない雷の音で起きた。どこかに落ちたのではなかろうかというようなすごい音だった。大雨が降ったりで本当に不安定な天気。こういう日は頭痛も激しいので、おとなしくベッドで過ごすことにする。

昨夜、『焼鳥の丸かじり』を読んでいたら、コロッケ蕎麦が出てきて、無性に食べたくなったので、そばを茹でて冷凍のコロッケをレンジでチンして、ネギを刻んて食べたら美味しかった。それは海老フライをテーマにしたところに出てきて、最後の一文に出てきただけなのに、それでも海老フライではなくコロッケ蕎麦が食べたくなったのだから不思議だ。夫は大好物のコロッケ蕎麦が出てきて大喜び。なんてことないのにきれいでおいしそうだと言う。私は「すべてはバランスですから」と言う。それにしてもこの本は本当に面白いので、全部読みたいと夫に今日一日中言っていた。自分が読みたい本を読みまくるって本当に楽しい。すぐやるってノンストレスで本当に快適。

5冊だけの本屋

女性のための選書サービス