ある日。

朝から激しい雨。そして、朝からPC不具合。私は10年くらいこのPCを使っているのでもう壊れても仕方ないのだが。それにしてもいきなり動かなくなるのは困る。仕事が結構立て込んでいるのに、どうしてくれる。そもそも数か月前から予兆はあった。しかし、PCを購入するって結構私には難解なことで、いろいろ調べて、Dellかhpまで絞っていたのだが、その先に進んでいなかった。あぁ、やらなければいけないことが山ほどあったのに、どうしてくれるんだとイライラ。テレワーク中で今日はちょっと忙しいとテンパりまくっている夫を呼んで、何度も見てもらうがどうにもならない。もう、あきらめてお昼ご飯を作る。鮭のおにぎりと卵焼きとウインナー。テンパりまくっている上に私に呼ばれた夫はお昼ご飯を食べる余裕もないようなので先に食べる。おにぎりをぱくぱく食べていたら心が落ち着いてきた。頭も落ち着いてきた。さて、やさしい気持ちで再度PCに向かう。さぁ、私の愛しい愛しいPCちゃん。そろそろ動きませんか?と問いかけるも動かない。私は短気なので、やっぱりますますイライラしてきたので、PCをもう買ってしまおうと決意。PCを血眼になって検索しているところにひと段落した夫がやってきた。私が怒り狂っている目の前でおにぎりをぱくぱく食べている。さらにそれがイライラさせて、怒りをぶつける。夫はびくともせずにのんきにおにぎりをパクパク食べている。そうして、涙目になったころに夫がやってきて俺のPC使えばいいじゃんと貸してくれた。おせーよ。と内心悪態つく。夫は自分のPCと仕事用のPCともう一台全く使っていないハイスペックPCを持っていた。それをいまさら貸してくれた。あぁ、何でもっと早く出してこないんだと言うと、夫はもう何回も言ったのに、君が聞き耳持たなかったんじゃないかといわれる。ごめんなさい。そうして、なんであんなに怒り狂った妻の目の前でのんきにおにぎりを食べていられるのかを聞いたら、おにぎりなんて全然食べた気しなかった。と言われた。おいしかったのにね。ふわふわに握れたのにね。残念。そうして、なんで妻を最優先にしないんだといったところ、夫はこう言い放った。「笑っているきみは最優先、でも怒っているきみは圏外です」とのこと。ああぁ、これからはどんな時でも笑顔で頼みごとをしよう。

夜、吉田篤弘の『おやすみ東京』読みながら眠りにつく。穏やかな夜。最近は眠る前にYouTubeばっかり見ていて寝不足だったので、もう眠る前は携帯を見ないことにしたら快適である。

5冊だけの本屋

女性のための選書サービス